こんにちは、ロジカル就活インターン生です!

 

今回は、長期インターンにおいて求められることとその対策を自分の体験に基づいてご紹介します。長期インターンに興味はあるけど面接がこわい。何をしたらいいかわからない、という方にお勧めです!

 

1長期インターンで求められること

長期インターンで学生が求められていることは、やる気・素直さ・興味の3つです。

インターン生に実務的な能力を求めている会社は少ないです。インターンの業務に興味を持ち、社会人からの指摘を素直に受け止め、改善していくという姿勢が求められます。企業は学生に経験やスキルを求めているわけではないので、採用されるにはインターンへの意欲を示すことが最も有効です。

 

2面接の対策

ここは自分の経験に基づいて、自分何を注意して面接に臨んだかご紹介します。

(1)自分の選び方の軸を明確にすること

自分の場合は、就職について興味があり、社会人からのフィードバックをもらえ、マーケティングを実務で体験の出来ることをインターンに期待していたので

就職×マーケティング×フィードバック

を軸にしていました。自分の軸が明確であれば、面接で何を聞かれても論理矛盾なく答えられますし、面接官にも志望度を示せます。

(2)企業のホームページに目を通すこと

これは必ずやりましょう。企業についての情報を仕入れ、面接で使えそうな情報をピックアップしておきましょう。面接では逆質問をする時間もあるので、

「ホームページを見てこう書いてありましたが、これってこういうことですか?」

等と聞くことで、企業への興味を示すことができます。

(3)面接官の目を見て話す

目を見て話すということは会話の基本です。面接においてはなおさらで、目をそらしていたり下を向いていると自信がなさそうに見えますし、話をちゃんと聞いているのかな?と思われてしまいます。面接は短い時間で人柄を判断されてしまいます。その中で悪印象を付けるのは出来るだけ避けたいものです。

 

今回は長期インターンの求められること・面接の対策についてご紹介しました。

長期インターンは普通のアルバイトに比べれば採用されるのは難しいですが、興味がある方は長期インターンに応募してみましょう!