こんにちは、ロジカル就活インターン生です!

 

今回のテーマは「留学」

大学に入ると、留学を考える人も増え、もう留学するつもりの人も多いかもしれません。

今回は、「留学してみたいけどお金をかけたくない!!」という方に向けて、できるだけお金をかけずに留学する方法をご紹介します!

 

 

【関連記事】

【インターン選考対策】グループディスカッション道場

大学1年生のうちにしておいたほうがいいことって??

【1・2年生からインターン】長期インターン選びイベント5選!

 

 

①奨学金をもらう

最初に考えられるのは奨学金でしょう。

JASSO(日本学生支援機構)

留学以外にも多様な奨学金制度を提供しているのがJASSOです。

留学支援についてもあらゆるケースに応じた奨学金を提供しています。給付型・貸与型別の奨学金、地域別の奨学金、学部留学・大学院留学、様々な留学制度が整っているので、留学を考えているのならまずJASSOを見てみましょう。

 

 

イノアック国際教育振興財団

審査がシンプルでハードルが低いのが魅力のイノアック。

金額は高くありませんが、受けてみる価値はあります。

<対象>

大学、大学院に在学中の日本人学生

1年以上継続して留学する学生

<支給額>

月額8万円

 

フルブライト奨学金

フルブライト奨学金は日米両政府による留学制度です。

条件は厳しいけれど学費が全額免除になる奨学金です。力があって留学にお金をかけられない人にはおススメです!

<種類>

大学院留学プログラム

大学院博士論文研究プログラム

研究員プログラム

ジャーナリストプログラム

 

 

「トビタテ!留学JAPAN

トビタテ!留学JAPANは

このプログラムを利用すれば手厚い奨学金(月額12~20万円)、渡航費(10~20万円)、授業料(実費、上限60万円)などが給付され、返金が不要!おススメの奨学金となっています。

日本代表プログラムを例にとると、

<対象>

30歳以下であること

大学・大学院・短期大学・高等専門学校・専修学校に在籍すること

留学期間が28日以上2年以内であること

計画に実践活動が含まれていること(インターンやフィールドワーク等)

<支給額>

奨学金/月:16万 留学準備金/15万 授業料/最大60万  等

経団連グローバルシップ人材育成スカラーシップ

留学先の大学の指定などなく、日本の企業や経団連とのかかわりも持てる奨学金です。年間100万円支給される奨学金であり、メリットの多い奨学金であるといえます。対象の大学も多く、応募しやすくリターンも大きい奨学金であるといえます。

<対象>

財団の指定する大学の2~4年生

<英語>

TOEFLiBT61点以上(120)またはIELT5.0以上(9.0)

<支給額>

年間100万円

 

 

②教育費無償・安い国に留学する

北欧など教育費の比較的かからない国に留学に行くのも手だと思います。留学でかかるお金のうち学費が浮けば負担は大きく減るでしょう。

北欧のフィンランドやノルウェーをはじめとして、アイスランドやドイツ、フランスは教育費が比較的かからりません。これらの国に留学することで留学費用を削減できます。

ノルウェーを例にとると、

ノルウェーでは、国籍にかかわらず授業料無料・審査に通れば留学生も返還不要の奨学金、を手に入れることができます。

これってものすごい魅力的ですよね!!北欧いいなー

http://web.archive.org/web/20160204124656/http://www.mastersportal.eu:80/articles/343/tuition-fees-in-norway.html 

 

「勉強したいのは英語だから英語が母国語の国じゃないと!」

という声も聞こえてきそうですが、留学先の授業を英語で受けて卒業できるコースを選べばいいのです。また、北欧や西欧は大学無償化などの施策を行っている国も多く、それだけ教育に力を入れているということ。

また、現地の学生も英語に触れる機会が多くネイティブに近い英語野中で学ぶことは充分可能です。

 

 

③お金をかけない・現地で稼ぐ

留学の中で、出来るだけお金をかけないという方法もあります。

具体例としては、格安の航空機で海外へ行く・部屋を相部屋にする・物価の安い都市で留学する・留学期間を短くする・無料や低価格の語学学校に行く 等々。

 

といった方法があります。

 

また、お金を現地で稼いでしまおう、という考え方も出来ます。

いわゆる、ワーキングホリデーですね。

ワーキングホリデーのできる国はオーストラリアニュージーランド・カナダ・イギリス・アイルランド等となります。

18歳から30歳までの人が対象なので、大学生は対象内ですね。

就学期間に制限のある国もありますが、最長1年の滞在が可能です。

地球の歩き方 成功する留学 というサイトでわかりやすく紹介されています。

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか?「留学はしたいけど高いからいいや」とあきらめるのではなく、留学への興味や意欲があれば調べてみましょう!

 

【関連記事】

【インターン選考対策】グループディスカッション道場

大学1年生のうちにしておいたほうがいいことって??

【1・2年生からインターン】長期インターン選びイベント5選!

 

※奨学金制度等は記事投稿時点の情報であり、変更されている可能性がありますので、留学情報などご自身で再度ご確認下さい。

シェアする