こんにちは、ロジカル就活インターン生です!

今回は皆さんが知っていそうで知らない企業の情報を紹介します。

ハミガキ・ハブラシをはじめとしたオーラルケア事業を展開するサンスター。

 

次に事業について、サンスターと聞いたらハミガキを思いつきますよね。

でも実は元々オーラルケア事業をしていたわけではないんです。

 

サンスターは1932年に創業された「帝国合同ゴム(有)」という自動車用ゴムの会社でした。その他にも自動車用ゴム糊・自動車部品(ギアなど)を販売する会社でした。

転機は1964年、もともとゴム糊を入れるために作られた金属チューブに歯磨き粉を入れて販売したらなんと大ヒット!それ以来オーラルケア事業を手掛け現在に至ります。

 

では元々の自転車部品はどうなったか。これは現在もサンスター技研株式会社として部品を販売する会社として存在しています。

 

サンスターは自動車用部品から始まり、時代のニーズに対応しながら扱う商品も変化しています。

自転車ゴム糊がもとになり合成接着材などの化学品事業に拡大し、サンスター技研のオートバイ用スプロケット、ブレーキディスクは国内すべての二輪メーカーさらに海外でも採用されています。

 

 

サンスターは現在経営機能の中核をスイスに移し、日本での上場も廃止しています。日本市場だけでなく海外市場を見据え、真のグローバル企業を目指している姿勢の表れでしょう。

時代のニーズに合わせて柔軟に変化してきた歴史を見ると、海外展開のための経営機能海外移転はサンスターらしい時代に合わせた変化なのではないでしょうか。

 

 

いかがでしたか?

これからも知っているようで知らない企業情報を発信していきます!

 

参考ページ

http://jp.sunstar.com/company/info/history/page_01.html

シェアする