こんにちは、ロジカル就活です!

今回は、前回・前々回に引き続きキャッシュフロー計算書についてご紹介します!

<キャッシュフロー計算書とは>

キャッシュフロー計算書は一会計期間での資金の増減などの流れを示した計算書で、会社に今現金がどのくらいあるかがわかるります。

キャッシュフロー計算書では営業活動、投資活動、財務活動の3つにわけて表しています

。期首にいくらキャッシュがあり、期末にいくらキャッシュがのこっているかがキャッシュフロー計算書には記載してあり、会社の資金繰りの状況や、黒字倒産の危険性などがわかります。

フリーキャッシュフローとは、会社が自由に使えるキャッシュであり、

フリーキャッシュフローがプラスであれば経営状態は良好、フリーキャッシュフローがマイナスであれば手元に現金がないということになります。

フリーキャッシュフロー=営業キャッシュフロー+投資キャッシュフロー という式が成り立ちます。

 

 

 

キャッシュフロー計算書で見るべきポイント

1.営業キャッシュフローがプラスになっているか

2.事業成長のための投資キャッシュフローがあるか

3.営業キャッシュフローの額が投資キャッシュフローより大きいか

 

【営業キャッシュフロー】

営業キャッシュフローは会社が書品の販売やサービスの提供など、本業で1年間に稼いだお金の量であり、

プラスであると、キャッシュが増加し、財務キャッシュフローや投資キャッシュフローへお金が流れ、会社の経営が良くなる可能性があり

マイナスであると、借入金の返済や新規の投資などに借入金に頼らざるを得ない、経営悪化する可能性があります。

営業キャッシュフローの要素は業績と取引条件にわかれ、業績を上げて取引条件の改善することで営業キャッシュフローが増加します。

業績のうち、経常利益、法人税等の支払い、減価償却費が等が該当し、それらが改善することで、

取引条件である売上債権の減少、借入債務の増加、棚卸資産の減少が興ります。

 

【投資キャッシュフロー】

投資キャッシュフローは投資活動によって生じたキャッシュの増減を表します。プラスは入ってきたお金でマイナスは投資が行われているため、

マイナスであれば投資関連でお金が出て行っているということになります。

事業を維持するためにも設備投資は必要で、投資も行う必要があります。特に投資キャッシュフローではプラスが良くてマイナスが悪いというような単純な判断はできません。

会社の正しい経営状態を把握するのは難しいので、5期分のキャッシュフロー計算書を見比べるべきです。

適切な投資が行われていれば、投資キャッシュフローがマイナスとなっても、その後の営業キャッシュフローが増加し、結果的にフリーキャッシュフローが増加します。

 

おわりに

いかがでしたか?キャッシュフロー計算書は企業の資金の流れを示したものです。

損益計算書や貸借対照表とともに企業の経営情報を客観視できる指標となります。SRレポートではそれらをかみ砕いて企業を分析していますので、ぜひご覧ください!

 

シェアする