志望動機は簡単に書けない

志望動機の作成には、かなりの時間がかかることを頭に入れておきましょう。自分の特徴や強み、社会に出てからの展望や将来像を400字前後で収める必要があるからです。字数以外にも、読み手が納得できる説得力や面接が必要となるのです。


志望動機の構成

志望動機は、以下の順番で構成することができます。
① 結論;自分の興味が惹かれた点
② 志望理由;企業の特徴や強みを交える
③ 自分の特徴や強み
④ ②を活かせる役割
⑤ 入社後にどう成長するのか
ここで大切なことは、相手に伝わるように書くことです。そのため、具体的に書くことが必要となります。


具体的ってどうすればいいのか?

「具体的に書きましょう」とは、就活中だと特によく言われることだと思います。しかしその言葉、一人歩きしていないでしょうか。具体的に書くためには5W1Hを意識して書くことが重要です。なぜ、誰が、どこで、いつ、何を、を書いてあげると、読み手の頭にストーリーとして入りやすくなるのです。具体的な文章になれば、自然と数詞や固有名詞が文章中に増えてくるでしょう。


一度書いたらそのままでいいのか

志望動機は、定期的に読み返して今現在の自分とマッチしているか見直しましょう。就活中はいろいろな考えが頭をよぎりあなた自身の考え方も変わることがあるからです。例えば志望する企業が変わったら、企業の特徴も変化します。志望動機は常にアップデートすることを心がけて、自分に合う企業を探していきましょう。