就活を進める中で、上手くいかず困っている人もおおいのではないのでしょうか?

今回は就活の課題について見ていきましょう!

  • 内定がもらえない

就活生の課題として、これが一番差し迫った問題ではないでしょうか?内定がもらえない理由は大きく二つに分けられます。1つは自己分析が出来ていないこと、もう1つは企業研究が出来ていないこと。自分の価値観を明確にしたうえで、企業が求める人材を理解し、それが合致しているかどうかが重要となります。

 

  • 就職後のミスマッチ

就職後の3年離職率が3割、ということを聞いたことはありますか?せっかく苦労して企業に内定しても、企業に合わずやめてしまう人がいるのも現状なのです。その前に就活生は入社する企業の事業内容や環境などを把握する必要があります。

 

  • 入社した会社の倒産

これは頻繁に起こることではないかもしれませんが、倒産する危険があるかどうかは気になりますよね?安定している企業だと思われていたのに倒産したり、粉飾決済により企業経営が困難になることもあります。

 

これらの課題に対して自己分析、インターンなどを通した実務体験、有価証券報告書を見ること、をお勧めします。有価証券報告書は企業の経営情報が掲載されており、有価証券報告書を見ることで、企業の事業内容の詳細、企業が抱えるリスク、経理情報を把握することができます。自己分析では自分の今まで頑張ってきたこと、打ち込んだことから自分の価値観やその優先順位を知り、それに合致する企業を探すきっかけになります。インターンシップでは社会人として働くこと対してイメージするきっかけになります。