損益計算書

損益計算書

こんにちは、ロジカル就活です!
前回の貸借対照表に続いて、損益計算書を紹介します。
貸借対照表によって一時点の会社の財務状況を見ることができるのに対し、
損益計算書では会社の一定期間の経営成績を見ることができます。

<損益計算書とは>

損益計算書は収益、費用、利益の3つの要素から成り立っており、
収益=費用+利益 の式が成り立ちます。
損益計算書を見て分かることは、

  • 今期の会社の経営成績
  • 会社の収益力

 

<損益計算書を見るポイント>

1.5つの「利益」

損益計算書の利益を見ることで、会社の経営成績が分かります
損益計算書で見るべき利益は
売上総利益、営業利益、経常利益、税引前当期純利益、当期純利益の5つがあります。

【売上総利益】

売上総利益は原価を除いた売上の利益がわかります。
売上総利益=売上高-売上原価 で求められ、
売上高は会社の本業から得た利益を表し、売上原価は売った商品を用意するのにかかったお金を表します。

【営業利益】

営業利益をみると会社の本業における利益がわかります。
営業利益=売上総利益-販売費および一般管理費 で求められ、
販売費および一般管理費は商品を販売するのに使ったお金であり、人件費や広告費がこれに含まれます。

【経常利益】

経常利益は、本業による営業利益に加えて資産運用や借入による損益を通算した会社の財務成績を含めた、会社の事業全体の儲けを表します。
経常利益=営業利益+営業外収益-営業外費用 で求められ、
営業外収益は本業以外で稼いだお金であり、営業外費用は、会社の本業以外で使ったお金を表します。

【税引前当期純利益】

税引前当期純利益は税を納める前の利益となります。
税引前当期純利益=経常利益+特別利益-特別損出 で求められ、
特別利益は会社が本業以外で臨時に稼いだお金であり、特別損出は本業以外で臨時に使ったお金を表しています。

【当期純利益】

当期純利益は税金が引かれた後の会社の最終的な利益になります。
当期純利益=税引前当期純利益-法人税等

当期純利益がマイナスであればその期間の最終的な収益が赤字であり、
経常利益がマイナスであれば会社の本業で赤字が出ていることがわかります。

2売上利益率

【売上利益率】

売上利益率を見ることで、どれだけ高付加価値の高い商品を扱っていることがわかります
売上総利益率(%)=売り上げ総利益÷売上高×100
一般的に売上利益率が高いほど、利益の大きい商品を販売していることになります。

【売上高営業利益率】

売上高営業利益率、本業で稼げる力を見ることができます。
売上高営業利益率(%)=経常利益÷売上高×100
一般的に売上営業利益率が高いほど、会社の収益力が強いということになります。

【売上経常利益率】

売上経常利益率、会社の収益力を見ることができます。
売上経常利益率(%)=経常利益÷売上高×100
一般的に売上経常利益が4%以上なら優良企業と言われています。

上記の率が高い企業であれば優良企業であるといえるでしょう。

IR用語集カテゴリの最新記事