【20卒】10月からの就活スタート!! 今学生がすべきことって何??

【20卒】10月からの就活スタート!! 今学生がすべきことって何??

○はじめに

就活の早期化も進み、就活中の20卒も少なくありません。サマーインターンからの選考優遇や内定を得ている人もいる、というのが現状です。

3年生も秋学期になり「そろそろ就活を意識しはじめないとなぁ」なんて思っている学生に向けて、3年生の10月から始める就活対策についてまとめてみます。

 

10月から就活を始める人は企業分析・自己分析・ウィンターインターンが直近の課題になりますが、今回は企業分析に焦点をあててご紹介します。この時期にすべきことは説明会などで企業を知ること・ウィンターインターンに参加することです。企業を知ることで就職の選択肢が広がしますし、ウィンターインターンへの参加により選考に慣れる・企業を深く知れる・選考優遇等が得られる、というメリットがあります。

「あれ、自己分析は?」と言いたくなりますが、インターンの段階で自己分析が必要なほどの志望動機は必要とされない点・企業や業界の違いを知らずに自己分析をするのは難しいという点から、自己分析の優先順位は低いと考え、今回は割愛します。

 

○企業を知る

 合同説明会

10月から就活を始めた学生は、それ以前に就活を始めた学生に比べて企業や業界についての知識が少ないです。

そこで手っ取り早いのが合同説明会です。リクナビやマイナビ、レクミーやtype就活等、この時期には多く合同説明会が開催されていますので足を運んでみては?

 企業ホームぺージを見る

企業のホームページは企業を知るのに最適です。気になる企業があるのであれば、企業の事業内容等に目を通してみましょう!

企業は様々な取り組みをしており、学生が企業について知っている情報は多くはありません。

「こんな事業してたんだ」「こんな取り組みをしてるんだ」と思うような事例は必ずあります。

また、企業のホームページを見ることで、企業のアピールしたいことや企業の求める人物像を把握できます。

ホームページのうち、企業のアピールした情報は目立つところに掲載しています。企業の求める人材については新卒採用ページ等に書かれていることがほとんどで、目を通しておくべきでしょう。

 

○ウィンターインターン

短期インターンについては自分の興味のある企業については積極的に応募しましょう。

インターンに応募することのメリットは以下の通りです。

1)選考に慣れる

2)自分の不足している点を把握できる

3)企業についてより深く知れる

4)本選考優遇や早期内定のチャンスを得れる

 

 1)選考に慣れる

選考に慣れる、とはES・テスト・ディスカッション・面接等に慣れるということです。

インターンに参加する場合、ES(エントリーシート)を書く場合がほとんどです。多くの場合ESは読み手が読みやすいように簡潔に書くことが求められます。インターン選考は、どういったESが通過しやすいかテストするチャンスです。選考を通過したESと通過しなかったESを比較して何が違うのか検討し、改善していくことでESの質が上がります!

面接やディスカッションは慣れがものを言う世界。インターンの選考では面接やディスカッションがあることが多いですが、本選考を前にそれらに慣れることができます。最初の面接が志望企業の本選考だったら怖いですよね。インターンに落ちたことで本選考に不利になることはないので、インターンを通して面接に慣れましょう!

 2)自分の不足している点を把握できる

上に書いた内容に重なる部分もありますが、選考のどの段階で落ちたかどうかで自分に足りないことが見えてきます。例えばESで落ちるならば、ESに書かれている事柄や書き方を改善すればいいですし、面接で落ちるならば面接時の話し方や話す内容に工夫が必要であることが分かります。自分に不足しているのがどの段階なのかわかれば、効率的に対策出来ますよね!こうやって改善していけば早期に就活を始めた層に追いつき追い越すことは十分可能です。

 3)企業についてより深く知れる

3)以降はインターンに参加した場合のメリットになります。インターンに参加することで、実際の仕事が体験出来たり新規事業立案のワークを体験できます。その際に社員の方と話が出来たりフィードバックを貰うことができます。会社についての説明がある場合も多く、社員の方とも接することができるのでその企業について深く知ることができます。2days以上のものに参加すると、より得るものも大きいでしょう。

 4)本選考優遇や早期内定のチャンスを得れる

インターンに参加し、優秀だと判断された場合内定を貰える企業もあります。内定までいかなくても本選考の優遇や、インターン参加者のみの説明会や懇談会が開かれることがあります。

インターンを通して就活を有利に進めるチャンスも大いにある、ということです。

 

 

○企業分析

企業分析は、企業の事業や経営情報の比較をすることがオススメです。

合同説明会で企業をみても、ホームページを見ても企業分析をしっかりやるのは難しいもの。

就活の中で企業を見極めるのは難しいので、イベントやセミナーで企業分析の仕方を身に着けることをオススメします!

なお、ロジカル就活では以下のイベントを開催しています。

業界トップクラスの10社10業種の違いが判る!ロジカル社会人交流会~業界研究編~

・10月から就活を始めた方

・サマーインターンが思うようにいかなかった方

企業分析の仕方を改善すると上手くいくかもしれません。

ESも面接も、どれだけ企業分析が出来ているかで出来が変わってきます。

ご興味のある方は是非ご参加ください!

就活基礎知識カテゴリの最新記事