定量情報の交換による論理的な評価がなされる「採用と就職」

  本日「論理的な学生」と「優良上場企業」が、定性情報と定量情報を交換し、お互いが納得感のある評価ができるプラットフォーム「ロジカル就活」をリリースいたしました。 本サイトを立ち上げた背景は、昨今の採用コミュニケーションが定性情報に偏り過ぎており、その結果「なんとなく良さそうな会社」「なんとなく良さそうな学生」といった根拠が不明瞭な評価を問題視したことにあります。 採用コミュニケーションにおける定性情報は、非常に重要です。 しかし定性情報だけでの評価では、入社後の定着や活躍の確率をなかなか引き上げることはできません。 そこで、評価の裏付け或いはエビデンスとなる定量情報や客観的な事実をお互いが交換し合う採用コミュニケーションを推進していきたいと考えました。 今回リリースしました「ロジカル就活」は、株主や投資家に自社のな重要な企業情報を開示されている上場企業に限定させていただいています。 通常の就職サイトにおける定量的な情報だけではなく、売上・営業利益の成長率や売上高営業利益率、自己資本比率といった情報を基に学生が企業研究したり比較できるような機能を持たせています。 また今後は、学生がサイトに登録する際に、所属サークルやアルバイト、交流関係などに関する定量情報を取得していくことで、お互いが感覚的ではなく論理的な評価ができるようにバージョンアップをしていきたいと考えています。 そのことによって、知名度はないが実力のある上場企業がより学生から発見され、支持されるるようになり、また大学名だけでは計り知れない素養を持った学生を上場企業が発掘できるようになると考えています。 そして入社後に、お互い違和感を感じることのない良好な雇用関係の創造に繋げていきます。 また「ロジカル就活」は、通常の就職サイトと違い通年で且つ学年不問で学生が利用できるというのが特徴です。 学生は早期から経営情報に慣れ親しむことで、知名度に依存しないで優良企業を発見できると同時に、社会に出てからのビジネススキルを身に付けることができます。 つまり「ロシカル就活」を活用する学生は、社会で活躍する可能性が高い学生とも言えるわけです。 就活ルールの変更が叫ばれ、通年採用が一般化する可能性が高い採用市場における必須のコミュニケーションツールとしての存在を目指して参ります。 是非お時間のある時にお目通しいただきますよう宜しくお願いします。]]>

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL