新卒採用コンサルティング

オリジナルツールで「潜在的な魅力と課題」を引き出す

◆活躍人材・必要人材をプロが分析「採用要件定義」

「採用要件」がしっかりと定義づけられていないと、下記のような弊害が生じます。

  • ・広報してもターゲットに響かない → 応募数の低下
  • ・ターゲットでない学生ばかり来る → 労力の増加
  • ・面接官の評価が統一されていない → 内定率の低下・学生の辞退率増加
  • ・新入社員の能力にバラつきがある → 現場の労力増加・入社後の早期退職率増加

「同業他社の状況を知る外部の専門家」が定義付けすることで、上記の弊害を緩和できます。

「採用要件定義」の手順

☑STEP1:活躍要件の整理

「活躍人材」「充分人材」にヒアリングし、能力・志向を整理します。

☑STEP2:育成要件の整理

貴社の教育・研修体系や、通常業務から自然と身に付く能力を整理します。

☑STEP3:採用要件の整理

上記の2つの「活躍要件」「育成要件」に「採用市場」を照らし合わせ、「採用要件定義書」を作成します。

◆オリジナルの分析ツールによる「採用設計立案」

STEP1:独自の採用支援ツール「リクルーティングマインドフロー」を活用し、採用課題を明確化します。
STEP2:「採用要件定義」に当てはまる学生(ターゲット学生)を分析し、「注力すべき時期」と「広報内容」「活動内容」を明確化します。
STEP3:貴社の予算やマンパワーに合わせて、年間の「採用設計」を作成します。

◆ターゲット学生を惹きつける効果的な「広報戦略立案」

STEP1:「採用要件定義」に当てはまる学生(ターゲット学生)を明確化します。※明確化されていない場合は、「採用要件定義」の作成を実施。
STEP2:ターゲット学生の動向を分析し、「注力すべき時期」と「広報内容」「活動内容」を明確化します。
STEP3:ターゲット学生の動向に合わせて、下記のパートナーリソースから最適な「広報戦略」をご提案します。