新卒採用ソリューション

貴社の労力を軽減し、最大限の効果を上げるソリューション

項目 無料プラン 有料プラン
基本情報の掲載
検索キーワードの追加・編集 ×
検索業種の追加・編集 ×
SRレポートの掲載 ×
イベントの掲載
イベントの編集・応募管理
「その他」資料の追加・編集 ×
応募学生の閲覧
応募学生の一括ダウンロード ×
応募学生のへの一括メール配信

◆最適な時期により多くの機会を作る「説明会・アセッサー代行」

採用成功のカギは「最も動く時期」に「最大限の接触する」こと

優秀な学生を確保するためには「学生が最も動く時期(3~5月)」に「できる限りの接触をする」ことです。
採用担当を一人増やしても、一人分の労力しか増やせません。
しかし、この3~5月の人員を増やすことができれば、4~5倍の学生と接触することが可能となります。

弊社では、実績のある約30名の講師・アセッサーを抱えています。

「学生の志向性と貴社の風土とのマッチング」や「詳細な仕事内容などの質問への受け答え」は貴社でしかできません。
しかし、「説明会MC(簡単な質疑応答まで)」や「能力評価(1~2次選考)」は外注が可能です。
貴社には、1~2次選考を通った学生へのフォローに注力していただくことで「選考辞退を軽減」し、効率的な選考ステップを実現させます!

STEP1:「説明会MC代行」を活用し、最も学生が動く時期に、できる限りの学生と接触  → エントリーの増加
STEP2:「面接官・アセッサー代行」を活用し、短期間で大量の学生を評価  → 選考の短期化・評価の均一化
STEP3: 「軽減した時間・労力」を活用し、貴社で合格者のフォローに注力  → 辞退軽減・内定承諾率の向上
※STEP2で「グループ選考」を導入することにより、さらに効率化が図れます。

◆早期の学生を惹きつける「インターンシッププログラムの企画・運営」

早期のインターンシップは「コンテンツ次第でどんな学生」でも呼び込めます

大学のキャリアセンターでも「実務を体験できるインターンシップ」の参加を推進していますが、受け入れ先の企業が少なく、優秀な学生があぶれているのが現状です。
裏返せば「実務を体験できるインターンシップ」であれば、「早期の優秀な学生を取り込む」ことが可能です。
既に志望業界を絞り込んでしまっている学生もいますが、「夏休み中にインターンシップに参加してから業界を確定したい」学生がほとんどです。

上記のような早期の優秀な学生を取り込む「インターンシッププログラムの企画・運営」を行います。
※当日の運営代行も行います。

◆面接では判断しにくい要素を見極める「グループ選考の企画設計」

グループディスカッション・グループワークのメリット

メリット1:「短期的に大量の学生を評価」することで「選考の長期化による評価のブレ」を軽減
メリット2:個別の面接では見極められない「集団での行動特性(タイプ)」がわかる
メリット3:個別の面接では比較しにくい学生同士の「コミュニケーション力の高さ」や「リーダーシップの強さ」を比較できる

グループディスカッション・グループワークのメリット

◆通常では出会うことがない学生との出会いを創出する「新卒紹介」

3年生の早期に下記のようなセミナーを開催し、「就活への意欲」や「論理的思考力」の高い学生を集客しています。
・IR情報やビジネスモデルマップを活用した企業研究講座
・論理的思考を鍛える「ビジネスワーク」「グループディスカッション」講座
・売り上げを上げるための「実践型マーケティング」セミナー