楽天・アマゾン、EC業界のビジネスモデルとは?

楽天・アマゾン、EC業界のビジネスモデルとは?

○はじめに

企業の事業紹介と並行してビジネスモデルを紹介します!

ビジネスモデルとは、企業が売上や利益を生み出す仕組みのことを指します。

もう少し詳しく言うと、「誰に、何を、どうやって提供して利益を得ているか」という仕組みを示したものです。

今まで紹介した業界がどのようなビジネスモデルの上に展開されているか見てみましょう!

○EC業界のビジネスモデルとは?

今回はEC業界のビジネスモデルをご紹介します!

EC業界でいえば、楽天の「楽天経済圏構想」をご紹介しました。

「事業展開についてはわかったけど、EC業界の稼ぎの仕組みがわからない…」

そんな悩みを解決します!!

・EC業界とは

EC業界は、商品をネットで販売する仕組みの一部を担っている業界です。

商品が消費者に届くまでには、以下の流れが生まれます。

製造(メーカー・小売)

    ⇩

販売(ECモール・自社ECなど)

    ⇩

決済(クレジットカード・電子マネーなど)

    ⇩

物流(配送業者・宅配サービス)

EC事業は製造や決済、物流との提携によってビジネスを展開しています。

・ECで利益を上げる仕組み

EC業界で利益を上げる方法は大きく三つにわけられます。

直接販売、出店料、手数料です。

1.直接販売

直接販売はアマゾンや楽天は当てはまりません。自社で作った商品を、自社のECサイトで販売することです。例えば、ユニクロは自社のECサイトを持っていますよね。自社の販売経路の拡大に繋がります。

2.出店料

楽天などのECサイトの中に、出店している企業が数多くあります。

買い物が最初から集まっているため集客がしやすいメリットがあります。

こうした企業から出店料を取りECサイトは収益を得ています。

3.手数料

ECサイトに販売されている商品が売れた時、売上の数パーセントがECモールに支払われます。

ネットモールに出店する店舗としては有名サイトへの出店による利益の増加が見込まれ、ECモールとしては出店料や手数料から利益を得ることが可能です。

○楽天とアマゾンのビジネスモデル

・楽天

楽天は出店料を主な収益としています。

楽天のビジネスモデルは、「企業に対して、消費者による購入機会を提供し、出店料を主な収益として得ている」ということができます。

楽天は商品購入費を得ているわけではないのです。

楽天が収益を上げるうえで必要なのは「出店数」であり、「商品数」ではないのです。

・アマゾン

アマゾンの主な収益は商品購入費です。

アマゾンはメーカーから大量に商品を購入し、他社を介さず直接消費者に販売しています。

アマゾンのビジネスモデルは、「消費者に対し、ECを通した商品の提供を行い、その購入費を収益として得ている」といえます。

○おわりに

学生が企業や業界のビジネスモデルに触れる機会は多くはありません。

しかし、就活を行う上で各業界の立ち位置やビジネスモデルの理解は必要不可欠です。

 

就活トリビアカテゴリの最新記事